カラダのこと

布ナプキンを生理中に半年間使ってみて感じた6つのこと

生理中の不快感をなくしたい!という思いをキッカケに、2018年の秋から布ナプキンを使い始めました。

使い始めて半年経ったので、備忘録的に布ナプキンの良さをまとめておこうと思います。

布ナプキンを半年間使ってみて感じた6つのこと

  1. 装着、使用時のストレスが少ない
  2. 布ナプキンの洗濯は意外と手間なくできる
  3. 布ナプキンを干す時、なんとなく自己肯定感が上がる
  4. めちゃくちゃ長時間&量の多い日じゃなければ替えナプキン不要で出掛けられる
  5. 経血コントロールと併用できると1日の使用枚数が少なくて済む
  6. 結果的にそんなに枚数は持たなくても大丈夫

順番に解説していきます。

①装着、使用時のストレスが少ない

布ナプキンにしてまず良かったって思うのが、装着、使用時のストレスが紙ナプキンに比べて随分と少ないことです。

紙ナプキンを使用していた時は、紙ナプキンが擦れて肌が赤くなったり痒みが出たり、なんとなくゴワゴワして動きづらかったりってことがあったのですが、布ナプキンではその辺りのストレスがだいぶ軽減できます。

もちろん全部が快適!なわけではないけど、痒みがなくなるだけでもかなり快適度がUPするので、これだけでも布ナプキンに変えてよかったなと思います。

②布ナプキンの洗濯は意外と手間なくできる

使い捨ての紙ナプキンと違って、布ナプキンは汚れたらお洗濯して、再度使い回すものになります。

この「いちいち洗って使い回す」が、始める前は面倒くさいかな〜〜?と思っていたのですが、使ってみたら意外とそんなことはありませんでした。

  1. 軽くもみ洗いする
  2. アルカリウォッシュでつけ置き
  3. 枚数が溜まってきたら軽くすすいで、洗濯機のドライコースで洗濯
  4. 干して乾かす

あとでまた書きますが、経血コントロールをしていることもあって、生理中の血はできるだけトイレで出すようにしています。

なので、そんなに毎日何回も布ナプキンを交換することにはならないので、頻度もそんなに多くなくてOK。

つけ置き用の入れ物には自立型の防臭チャック袋を使っていますが、これは使わない時は場所を取らずにしまっておけるので便利です。


アルカリウォッシュ500g
半年使ってるけどまだ半分ぐらいは残ってる。

 

③布ナプキンを干す時、なんとなく自己肯定感が上がる

で、この「布ナプキンを洗う」という行為。

つけ置きしてる時は別にそんなでもないんですが、洗濯を終えて布ナプキンを干す工程まで来ると、なんとなく自己肯定感が上がるというプラスの作用をもたらしてくれます。

なんでしょう、なんか「私、ちゃんとしてる」って感じがあります。

思えば生理前にはPMSが酷くて「人生やめたい仕事やめたい人間やめたいもう無理何もちゃんとできない・・・」という絶望メンタルに簡単に陥る私にとっては、この「布ナプキンを使う」という行為が「自分ちゃんとできる、大丈夫」って思える安心材料になっている節があります。

あとは単純に、洗いあがった布ナプキン(しかもデザインが可愛い)を何枚も干すと、見た目にも華やかで満足感があるなと思います。

結論、布ナプキンを使うことで自分にも見た目にも満足できるので、これは思わぬ良い効果でした。

④めちゃくちゃ長時間&量の多い日じゃなければ替えナプキン不要で出掛けられる

経血コントロールをしていることもあって、そもそも紙ナプキン使用時から替えナプキンはあまり持ち歩いていませんでしたが、布ナプキンに替えてからは殆どまったく持ち歩かずに外出できるようになりました。

出かける前にトイレに行って新しい布ナプキンに取り替えておいて、あとは外出中も小まめにトイレに行くようにすれば、布ナプキンを汚してしまうことはあまりありません。

長時間座りっぱなしだったり、移動が多かったりするとそうはいかないけど、それでもハンカチタイプの布ナプキンを使用することで、トイレに行ったタイミングで折り返して、綺麗な面を肌に当てることができます。

そういう意味で、布ナプキンは一体型とハンカチ型を両方持っておくと便利です。


防水ホルダー&ハンカチセット
経血の量にもよるけど、汚れたら折り返して3回ぐらいは使える。

⑤経血コントロールと併用できると1日の使用枚数が少なくて済む

私は布ナプキン使用前から経血コントロール(トイレで経血を出すこと)をしていたのですが、布ナプキンを使うのであれば、この経血コントロールは必須項目だなと思いました。

経血コントロールができると、経血はトイレで出すもの→布ナプキンはあくまで「保険」となるので、布ナプキンの交換頻度がぐっと下がります。

私の場合、多い日で5回、少なければ2回の交換ですむので、必然的にお洗濯の枚数や頻度も下げることができるし、次の項目で出てくる「布ナプキンの所持枚数」もそんなにたくさんである必要がなくなります。

経血コントロールは生理痛の緩和のために勉強したことがあったのだけど、やっておいて良かった・・・!

⑥結果的にそんなに枚数は持たなくても大丈夫

そんなわけで、私が今現在使っている布ナプキンは

  1. 日中用に一体型Sサイズ5枚
  2. 多い日の日中+少ない日の夜用に一体型Mサイズ5枚
  3. 外出用にホルダー+ハンカチタイプを2枚
  4. 多い日の夜用にLサイズのホルダー+ハンカチタイプを1枚

です。


AENUANCE|布ナプキン昼用10枚セット S5+M10
①②はズバリこれ。
可愛い柄が気に入って購入しました。
干した時に華やかなのがいい感じ*

③④はREMEDY GARDEN(レメディーガーデン)のスターターキットの中に入っていたものですが、結果的に使っているのはこの2種類だけ。

▼似たところだとこの辺りになります。

これがベスト装備!というわけではないと思うので、また新たに買い足したり入れ替えたりすることはあると思いますが、使い始めから半年経過した現在の装備はこんな感じです。
 

布ナプキン×経血コントロールで快適な生理ライフを

布ナプキンライフは思っていた以上に快適で個人的に気に入っているので、今後も継続していきたいと思います。

経血コントロールについてもまた書いていきたいなぁ*