ドイツ生活

ドイツの花粉事情〜花粉の猛威は突然に

それはドイツに引っ越してきたばかりの4月のこと、私はとある1つの事にとてつもなく喜びを感じていました。

それは何かというと・・・

花粉症が、ピタリと止まった!!

もうね、毎年春先の3月〜4月ぐらいは、鼻が詰まるわムズムズするわ、喉がイガイガするわ、耳の奥がかゆくなるわ、目もかゆくてつい擦っちゃって目が赤くなるわ白目が大変な事になるわ(表現自粛)、肌全体がかゆくなるわ、若干熱っぽくなって頭もぼーっとするわで満身創痍。

今や実家の父のものとなってしまったSHARPの空気清浄機様(ちなみに買って1年も使ってなかったので日本に戻った暁には返してくれたらいいな〜と思っている)がお部屋の守り神として毎日フル稼働していましたが、ドイツでは守り神様がいなくても日々快適で、「花粉」に関してだけいえば、まさに最高の環境を手にすることが出来ました。

なんでもドイツには日本固有のスギやヒノキがないらしく、それらの花粉が飛散していないため、今回私はいわゆる「転地療法」がなされたのと同じことになったようです。(ググったらこちらの記事に詳しく解説されていたよ。>>日本とドイツの花粉症

やったよ・・!実はちょっと期待してたんだけど、こうも見事ハマるとは思わなかったよ・・!!

これはもう本当に嬉しすぎて、花粉に苦しんでいる人は、みんなドイツに引っ越してきたらいいのに・・!と心から思っていたし色んな人に言っていました。

だって花粉のせいで春先の生産性ガタ落ちだよ・・!という人は決して少なくないだろうし、アレルギー対策の薬を飲んだり、自分のライフスタイルやファッション(出で立ち)を花粉に合わせて組み立てている人だってたくさんいて、そういうのが「住み替え」するだけで一切なくなるならこんな良いことはないじゃないかと・・!

ちなみに、私はマスクも付けたくなければ薬も飲みたくないし、家に入る前に毎回花粉を払うとか、食べ物に気を付けるとかも嫌で、ていうかそもそも自分の毎日を花粉に合わせて組み立てるのが結構に嫌でしたくなかったので(もちろん多少はそうせざるを得ないのだけど)、花粉の影響が出ない地域に来れたというのはメチャクチャ嬉しいことでした。

なのだけども・・・。

花粉の猛威は突然に

5月も中頃になった頃、朝起きると必ずくしゃみが出るようになりました。

最初はただベッドから出た時に肌寒かったりして、気温の変化に反応してくしゃみが出たんだろうと思っていたのですが、流石に連日そんなことが続くとちょっと考えるようになります。

・・・いやいやいや、そんな筈ないって。

そうこうする内に今度は鼻がムズムズするようになってきて、無意識に鼻を擦ったり、鼻の付け根や小鼻を押さえたりするようになりました。(今さっき調べたらここは鼻づまりに効果があるツボなんだとか。人間って、例え知識として持っていないものでも、自分を楽にするための方法はちゃんと知ってるんだなぁと思った次第。>>鼻水・鼻づまりに効くツボ

・・・いやでも、絶対違うよね、ちがうちがうちがうちがう。

認めたくなさすぎるので、これはきっと部屋が埃っぽいせいだろう!(花粉じゃなくて埃なら許せる)と掃除機をブオンブオンかけてみたり、ソファやベッドもコロコロで綺麗にしたりしてみるものの、外に出ればそんなの関係なく、くしゃみと鼻のムズムズが襲ってきます。

その内に今度は起きた瞬間から目に重たさを感じるようになって、目がちゃんと開いていないのを常に感じながら日々を過ごすようになって、ちょっとでも触ろうものなら途端に赤くなるようになりました。

いやだ、絶対認めたくないぞ。認めたくないぞぉぉぉぉぉぉぉ・・・!!!

認めました。

(だってドイツ料理屋さんに行ったらお店の人にドイツの人が大好きなテラス席を促されて、うっかり座っちゃったんだけどここでこのまま食事をしようものならまず間違いなくくしゃみと鼻のむずがゆさに襲われて、そのうちきっと目までかゆくなってきたりとかもして折角のドイツ料理を全くもって楽しめないのが分かりすぎるほどに分かっちゃったんだもん!ドイツ料理、室内で落ち着いて美味しく食べたかったんだもん・・!)

 

花粉と共存せざるを得ない

そんなわけで、ここドイツでも少しばかりは花粉と共存せざるを得なくなってしまったので(がっつり対策するのはやっぱり嫌)、とにかく1番しんどい鼻のムズムズがどうにか出来ないかと思ってこちらのNase Sprayを買ってみました。

この鼻スプレーはスーパーに買い物に行った時にお店の一角で見付けて、これはもしかしたら花粉症に効くんじゃない?と思ってググってみたところ、「花粉症で辛かった時にこれを買ったけど正直効果は分からないけどあるとないとではきっと違ったと思う」みたいな日本人の方のレビューを見付けて、何がどうとか成分的なところは一切よく分かりませんが(多分パッケージといくつか拾える単語的にアロマオイルは使われてる)効果があるかないか分からないけどあれば違うかもしれないから買ってみよう」と思って買ってみることにしました。

そんなんでいいの・・?と言われそうですが、ドイツ語で書かれた説明を翻訳して全部調べて類似品と比較してみたところで、医薬品系の専門的なところはその分野の専門知識がなければ絶対に分かりようがないので良いのです。(ちなみに使ってみたところ、メントール系のスッとする感じで通りが良くなって、使い心地として中々悪くない感じです)

そんなわけで、折角快適に過ごせていた期間も束の間、あっけなくドイツの花粉に屈した私ですが(ちなみに調べてみるとこの時期はイネ科の花粉がピークらしい・・私イネ科のアレルギーもあったのか?)、だからといって花粉症自体は今に始まったことでもないので、ひとまずこの鼻スプレー様を守り神にたくましく生きていきたいと思います。

 

Manami